26歳 女性 通信制高校での魅力を実感。

■私が通った通信制高校の体験談としまして

私は、通信制の高校を卒業しましたが、やはり通信制高校のメリットとしましては、自宅でオンラインや通信制でやり取りしながら単位を取得できる点が優れていると思いました。私も経験があるのですが中学校時代に、壮絶なイジメ等を経験された方としましては、やはり高校進学には二の足を踏んでしまうような状況になると思ってしまいます。やはり通わなくても卒業できる高校と言うのが非常に大きいと思います。一度、うつ病や精神病を発症してしまいますと、立ち直るのが非常に困難で、無理に親が高校へ通わそうとしても、余計に反発するような形で、高校に行かなくなってしまう可能性があります。そう考えるのではなくて、やはり、高校が通信制でありましても、大学はセンター試験から非常に大きな門を開いてくれておりますので、勉強さへすれば、大学への進学は通信制高校でもできる形になりますので、高校が通信制高校だからと悲観するのではなくて、大きな志を持てることが一つあります。また、通信制高校では、高校を中退したり、不登校で高校に通わなくなり通信制高校を利用される事があります。そのようなケースで通信制高校へと編入した場合、編入前に取得した単位は継続する事が可能です。更に夢や目標への近道と言う形で、スポーツ選手を目指している方や、ネイルや福祉などの資格を取得したいなど、通信制高校の専門課程を専攻するのはそういった夢や目標への近道です。全日制の普通教育だけでは学べない実習や経験を積み、より実践的な知識が習得できます。更に大学のような感覚で高校でも単位制でありますので、通常の高校は学年制で1年ごとに与えられた教科・科目を学習し、全ての単位を修得しなければ進級できません。不登校や成績不振者は留年してしまいます。通信制高校の単位制度は卒業までに74単位を修得すれば良く、留年する事なく卒業が可能です。と言う形で、大学のようなスタイルで履修することができます。